Yasuhiro Terashima

和歌山県出身、京都府在住のアーティスト。グラフィックデザイナー、コピーライター、ディレクターとして広告宣伝の制作、心身の健康をサポートするボディワーカー(Unfolding Bodywork)、コラムニスト、ダンサーとしても活動。

カオスのなかにこそ「美しさ」があるのではないか?

人生はカオス(混沌)だ。朝から夜まで目まぐるしく動き続けて生きている。気づけば10年や20年が経ち、立ち止まる方法すらわからなくなってしまう。しかし、このカオスがあるから、人の思いやりに感謝できたり、自然の美しさに感動したり、本当の自己に気づくきっかけを得たりできるのではないだろうか。私はカオスのなかに、美しさや心地よさを見出したい。それはこの世界を生きるのに必要なチカラだ。だから、カオスの絵を描いている。そして、私の絵を見る人にも美しさや心地よさを見出してもらえると嬉しい。人生はカオスだが、落胆する必要はない。カオスを通り抜けた先には、喜びの世界が広がっている。それは人を喜ばせるために努力するというこれまでの価値観とは違う。自身の内側から溢れてくる喜びが誰かの喜びの糧になる。喜びの循環が広がっていく世界だ。カオスの世界では「平和」という言葉がよくわからなくなることがある。なぜなら、「平和のために戦う」というパラドックスが生まれているからだ。平和を願うよりも「世界中に喜びが溢れる」ことを願って。わたしはカオスの絵を描き続ける。


2022年9月23日-10月31日 プレマルシェ・ジェラテリア中目黒駅前店にて個展開催

2022年7月21日-26日 Premarche Alternative Dinerにて個展開催

2022年6月21日 PSYCHO-EVOLVE Vol.6出演
京都の老舗ライブハウス「拾得」にて、PSYCHO-TRIBEのドラムに合わせて即興で踊りながらライブペインティングのパフォーマンスをおこなった