五大元素と心と身体「地」 ~心と身体をつなぐ伝統医学の概念を活かす~

目に見えない心と目に見える身体。
心と身体はつながっているといいますが、
具体的にどう繋がっているのか?

体系的に理解するためには新たな概念が必要です。
それについては未だ科学的に解明されていませんが、
参考となる概念のひとつがインドの伝統医学にあります。

インドの伝統医学では、大自然は「空・風・火・水・地」の
5つの元素(5elements)でできていると考え、
大自然の一部である人間もまた、
5つの元素で構成されていると考えます。

インドの伝統医学では、この5つの元素のバランスが
健康のカギを握ると考えられ、有名な3つのドーシャの概念も、
この5つの元素の組み合わせでできています。

5回シリーズの最終回の今回は、
心と身体をつなぐ5つの元素のうち「地」の元素についてご紹介します。

 

(1)「地」は土台と具現化のエネルギー

水面に起こった小さな波紋が次第に大きな波になるように、
あなたの想いのエネルギー(風の元素)を
具現化するのが「地」の元素です。

アイディアは豊富だけど、現実化するのが苦手という人は、
風の元素が大きいので、コツコツと着実に物事をこなしたり、
仕組みづくりなどが得意な「地」の元素が大きい人に
現実化の部分を任せるとうまく行きます(お互いを尊重できれば)。

また、人に影響されやすい、
気持ちが揺れやすい人がしっかり地に足をつけるために
必要な元素でもあります。

植物はしっかりと根を張ることで、
上へ上へと伸びることができます。

人も同様に自分軸を立てるには、
しっかりとした土台が必要です。

逆に「地」の元素が多すぎると、
行動するまでに時間がかかってしまったり、
新しいものを受け入れるのが難しくなってしまったりします。

そういった場合は、風の元素のエクササイズをするとバランされていきます。

 

(2)「地」を取り戻すエクササイズ

家族や所属している会社などのグループ内で、
自身の存在が否定されたり、存在が脅かされる状況にいると、
「地」の元素のバランスを崩してしまいます。

精神的に不安定になってしまったり、
いくら休んでも疲れが取れない状態になってしまったり
してしまいます。

もし可能であるならば、
環境をガラッと変えてしまうことが良いですが、
難しい場合が多いので、「地」を取り戻すエクササイズをご紹介します。

力士のように四股(しこ)を踏みます。このときしっかりと足の裏で地面を感じてください。足はどんな風に地面を感じているでしょうか? 次に四股を踏みながら、膝で地面を感じてみましょう。それができたら、次は肩で地面を感じることはできますか? 足も肩も繋がっています。意識を向ければ、肩で地面を感じることができるでしょう。このように全身で地面を感じてみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。