五大元素と心と身体「水」 ~心と身体をつなぐ伝統医学の概念を活かす~

目に見えない心と目に見える身体。
心と身体はつながっているといいますが、
具体的にどう繋がっているのか?

体系的に理解するためには新たな概念が必要です。
それについては未だ科学的に解明されていませんが、
参考となる概念のひとつがインドの伝統医学にあります。

インドの伝統医学では、大自然は「空・風・火・水・地」の
5つの元素(5elements)でできていると考え、
大自然の一部である人間もまた、
5つの元素で構成されていると考えます。

インドの伝統医学では、
この5つの元素のバランスが健康のカギを握ると考えられ、
有名な3つのドーシャの概念も、
この5つの元素の組み合わせでできています。

5回シリーズの4回目の今回は、
心と身体をつなぐ5つの元素のうち「水」の元素についてご紹介します。

 

(1)「水」は受容と変容のエネルギー

水は個体や液体、気体へと性質を変えながら、
地球上を循環しています。

また、媒体として他の物質を溶かすことができるのも水の特徴です。
生命体は境界を持つことで個を確立しますが、
水は変容することで、その境界を溶かすように
あらゆ生命と繋がることができます。

「受容」と「変容」、これが水の元素の性質です。
水の元素は主に母子間、恋人間など、
密接関係で起こるエネルギーを司っています。

私たちはへその緒を通して母親と繋がり、
栄養素や愛情を受け取りながら、
母親のお腹の中で受容と変容の体験を繰り返します。

生まれた後は社会のなかで
受容と変容を体験し成長します。

しかし、過保護や過剰な愛情のなかで育ってしまうと、
社会のなかで受容と変容を体験できず
意思が育ちにくくなるようです。

また、逆に愛情が少なすぎても、
水の元素がカラカラになるので
問題が起こってきます。

そういったバランスの崩れが
慢性的な症状の原因となることがあるようです。
何でも適度が大事ですね。

 

 

(2)「水」を循環するエクササイズ

水の元素のバランスが崩れてくると、
身体的には腰痛や生理不順、生殖器系に問題が起こってきたり、
心理的には執着や承認欲求が強すぎたり、
人を思い通りにコントロールしようとしすぎたりする
傾向があるようです。

滞った水のエネルギーは、
雨上がりの水たまりのように淀んできます。
水のエネルギーを循環するためのエクササイズをご紹介します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。