五大元素と心と身体「風」 ~心と身体をつなぐ伝統医学の概念を活かす~

目に見えない心と目に見える身体。
心と身体はつながっているといいますが、
具体的にどう繋がっているのか?
体系的に理解するためには
新たな概念が必要です。

それについては未だ科学的に
解明されていませんが、
参考となる概念のひとつが
インドの伝統医学にあります。

インドの伝統医学では、
大自然は「空・風・火・水・地」の
5つの元素(5elements)で
できていると考え、大自然の一部である
人間もまた、5つの元素で構成されている
と考えます。

インドの伝統医学では、
この5つの元素のバランスが
健康のカギを握ると考えられ、
有名な3つのドーシャの概念も、
この5つの元素の組み合わせでで
できています。

5回シリーズの2回目の今回は、
心と身体をつなぐ5つの元素のうち
「風」の元素についてご紹介します。

 

(1)「風」は想いから生まれる

 「 静止より、動きは生じ。
   動きより、力は生じ。
   力より、結合が生じ、
   結合は形、成さしめ、
   それを保たん     」

これは5つの元素を表現したものです。
静止は「空」、動きは「風」、
力は「火」、結合は「水」、
形は「地」を表しています。

つまり、「空」より「風」を生じ、
「風」より「火」を生じ、
「火」より「水」を生じ、
「水」より「地」を生じるということです。
浜辺で見る勢いのある波も、
もとをたどれば全く動きのない
静止だったのかもしれません。

そこに風が吹き、
ゆっくりとした動きが生じ、
それが進むにつれて、
どんどん大きな力を生み、
さらに進みながら、
力同士が結合し、
統合され浜辺で見る勢いのある
波という形になっています。

私たちの生活でも、
何かを始めるときは、
「想い」から始まります。

「こうしたい」という想いから
行動が起こります。

この「想い」に問題が起こると、
「風」の元素に問題が起こり、
行動、習慣にも問題が起こって、
身体の症状として現れてくると
考えられています。

self-care_vol117-img02.jpg

 

(2)「風」を取り戻すエクササイズ

風の元素のバランスを崩すと、
肩甲骨や足首が硬くなってきます。

肩甲骨は腕を、足首は足を動かすための
関節です。

想いに問題が起こると、
動くことを阻害するような症状が
現れてくることがあります。

また、背中が硬くなってくるので、
呼吸も浅くなり、窒息状態が続くことで
偏頭痛になっている方もいます。

風の元素のバランスを
取り戻すためのエクササイズを
ご紹介します。

ポイントは子供のように楽しむことです。

self-care_vol117-img03.jpg

 

膝を柔らかくして立ち、
目の前にボールがあるのをイメージして、
ボールを思いっきり蹴るように
身体を動かします。

バランスを取るように、
腕も前後に振りながら、
足を振る動作を繰り返します。

10回ほどやったら、反対側の足でも
同様の動きを10回します。
手足を振る動作を楽しみにながらやると、
風のエネルギーがめぐります。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。