五大元素と心と身体「空(くう)」~心と身体をつなぐ伝統医学の概念を活かす~

目に見えない心と目に見える身体。
心と身体はつながっているといいますが、
具体的にどう繋がっているのか?

体系的に理解するためには
新たな概念が必要です。
それについては未だ科学的に
解明されていませんが、
参考となる概念のひとつが
インドの伝統医学にあります。

インドの伝統医学では、
大自然は「空・風・火・水・地」の
5つの元素(5elements)で
できていると考え、
大自然の一部である人もまた、
5つの元素で構成されると考えます。

インドの伝統医学では、
この5つの元素のバランスが
健康のカギを握ると考えられ、
有名つのドーシャの概念も、
この5つの元素の組み合わせで
でできています。

心と身体をつなぐ5つの元素について、
今回から5回シリーズで
ご紹介していきます。

 

(1)「空」はすべての始まり

5つの元素のなかでも、
「空」は特別な元素です。

「空」はサラダボウルのようなもので、
他の4つの元素が入る器です。

例えるなら、「空間」や「スペース」、
「環境」「場」などが「空」です。

私たちは場所や家、会社というスペースが
あることで、住んだり、
働いたりすることができます。

「空」はすべての始まりで、
それがないと存在できないのです。

身体の部分では、表現を司る喉、
臓器などを収める体腔、動きを司る
関節などが対応しています。

心の状態を表すキーワードとしては、
自由・余裕・調和・自意識・
自己表現などです。

例えば、言いたいことが言えないなど
自己表現に問題が起こると、
「空」のバランス崩し、
慢性的な喉の詰まりや
痛みを起こすといわれています。

self-care_vol116-img02-300x223.jpg

 

(2)「空」を取り戻すエクササイズ

もし身体の右側ばかりに症状がでるなら、
あなたの男性性が関係している
かもしれません。

インドの伝統医学では、
身体右側を心理的な男性的な部分、
左側を心理的な女性的な部分と
関係していると考えます。

さらに、身体の真横は現在、
前面は未来、背面は過去を
表していると考えます。

右側にでる症状が前面なのか、
背面なのかで何が影響しているのかの
参考にすることができます。

今回は誰でも簡単にできる「空」を
取り戻すエクササイズをご紹介します。

紙面で紹介するのが大変難しいのですが、
簡単な動きですので、
ぜひ取り組んでみてください。

前、後ろ、横、どの方向に行きやすく、
どの方向に抵抗を感じるでしょうか?

このエクササイズで「空」を
取り戻しましょう。

self-care_vol116-img03-300x228.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。