家電のように身体をアースするセルフケア

このところ、電磁波に過敏な方が増えてきているように思います。
パソコンを使う仕事が増えたことや、
携帯やスマホの普及など原因がありそうです。

そういう私も電磁波に過敏です。
電磁波を受けると、頭の中が締め付けられるような感じがしたり、
筋肉が緊張したり、怠くなったりします。

私は携帯電話が鳴る前に着信がわかるときもあります。
そういった症状があっても、
一般的には電磁波が原因なのかどうか
判断がつきにくいため、
悩んでいる方も多くいると思います。

便利で快適な現代社会で生きていく上で、
もはや電磁波を避けて生活することは不可能です。

その中で電磁波と上手く付き合っていくための
セルフケアのひとつをご紹介します。

私の実体験に基づいた私見ですが、
ぜひ一度試してみてください。

(1)まずは身体のことを知ろう

身体は電気で動いている

vol111-23-1.gif

身体が電気で動いているって?
ロボットじゃあるまいし……。

いやいや、ちょっと待ってください。
身体は電気信号を使って筋肉を動かしています。
心電図はその生体電流を読み取る装置です。

また、電流が流れると磁界が発生すると
中学の理科で習ったのを覚えていますか?

現在、生体にも微弱な磁場が発生していることがわかり、
大学などで研究されているようです。

電磁誘導で身体に電気が溜まる?

vol111-23-2.gif

静電気でバチっという経験はありますよね?
原因は摩擦電気だけではありません。

電磁波を受けて、磁界が急激に変化すると、
電流が流れる電磁誘導という現象が起こります。

しかし、足と大地は靴(絶縁体)を隔てて、
コンデンサ(蓄電池)のようになっているため、
電気の行き場がなくなってしまいます。

(2)身体に溜まった電気を抜くアーシング

人間の身体は微量の生体電流によって
活動をする精巧なメカニズムを持つため、
電磁波によって細胞レベルで影響を受けてしまいます。

メラトニンの減少、ホルモンの分泌、代謝、
食欲、睡眠などに影響を与えるという研究結果もあるようです。

アーシングとは、電磁波による身体に溜まった電気を抜くことです。
実際には、裸足で土の上に立ったり、
寝転んだり。または、塩風呂に入ったりします。

塩風呂は、流れやすい方に流れる電気の性質を利用します。
湯船に塩を入れることで、電解液をつくり、
体内より電気が流れやすい状態を作ります。

海水の濃度がベストですが現実的ではないため、
少し多めに塩を入れると良いでしょう。

塩の効果で身体もポカポカ温まります。
アーシングすることで、身体の緊張がほぐれたり、
身体が軽くなったような感じがするかもしれません。

意外と着ている!?電気を溜めやすい服装

◎ナイロン、ポリエステル素材の服

ナイロン、ポリエステルなどの人工素材は
摩擦電気が起こりやすく、電気を溜めやすい性質があります。

◎ゴム底の靴

ゴムは電気を通さない性質を持っているので、
身体から電気がでるのを妨げます。

(3)これはすごい!眠りながらアーシングできる
アーシングマットが新登場!

vol111-23-3.jpg

アーシング&リラックスマット
裸足で土の上に立つのが良いと言っても、
寒かったり、雨が降ったりするとできません。

また、人目も気になります。
塩風呂もエコキュートなどのヒートポンプ式の
電気給湯器を使っていると、
給湯器内がびるので塩を入れられないということもあり、
環境によっては難しさがあります。

そこで画期的なアーシングマットが新登場しました。
アーシングマットの上に寝るだけで、
身体から余計な電気を抜いてくれます。

それだけでなく、
生地から高レベル遠赤外線が放射されており、
あなたの身体をリラックスさせてくれます。

現代人には欠かせないアーシング&リラックスマットです。
https://www.binchoutan.com/denziha/shieldpad.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。