心と身体の繋がり

想いと行動がズレて心身の繋がりが悪くなると
心と身体のどちらかがSOSを出す

頑張ってしまう努力家のタイプの方は、
腰痛や肩こりなど、首から背中、
腰にかけての慢性的な症状を抱える傾向にあります。

自分の気持ちを後回しにする習慣から、
心と身体の繋がりが悪くなっているのかもしれません。

頭では「~ねばならない」と考えながら、
実は、心の奥底では「~したい」と
別の方向へ行きたがっているため、
身体の軸が歪んでいる状態であるとも言えます。

「こんな仕事が向いているんじゃない?」
「こんな彼とならうまくいくよ」との
周囲のいろいろなアドバイスに、
どうしていいのかわからなくなってしまった女性。

「成功したい!」とセミナーや勉強会などに
積極的に参加しているのに、
何か違和感のある方向へ
進んでしまっている気がする男性。

受動的、能動的という選択の違いはあっても、
自分の想いからズレているのは同じです。

他人に影響されがちな優しい人も、
責任感のある努力家の人も、
自分のなかにある本当の想いを
おきざりにしてしまっています。

実際の行動と想いがバラバラになり、
繋がっていない状態で、
毎日暮らしていることになります。

そのことが、心身のバランスを
崩すきっかけになるのです。

過去や未来にエネルギーを使うより
「今」のあなたを大切に

過去のトラウマをいつまでも引きずったり、
未来のことを心配したり、
人の心はいつも「今、ここ」にはありません。

過去のトラウマや憎しみの対象を
気にするということは、
そこにエネルギーを送り続け、
関わり続けていることになります。

大切な自分のエネルギーを、
悲しみや憎しみのために
使い続けるのはもったいないですよね。

心と身体は繋がっています。

悲しいことが続くと、
人は感情の回線を切ってしまい、
本当の悲しみや望みに蓋をしてしまいます。

心の行きたい方向に身体を動かせないストレスを
抱えていることに気づくことは、
健康への第一歩です。

そして、自分の「本当の望み」に気づけると、
いきいきした人生と、元気な心身を
手に入れられるのです。

SelfCare

感情を身体で表現してみよう!

子どもは、悲しいときに
思いっきり泣いて暴れたり、
うれしいときには「やったー!」と
叫んでジャンプしたりしますよね。

それは大人になると恥ずかしいことですが、
実は、心と身体にとって、とても重要なことなのです。

感情を身体と声で表現するエクササイズで、
ズレてしまった心と身体を統合する練習をしましょう。

<うれしい!>

ハイタッチやハグ。
よく見かけますが、一番自分が思う
「うれしい!」は、どんなポーズでしょう?

<腹が立つ!>

「もーっ!」「ああー!!」どんな姿勢で、
どんな声を出しますか?
久しぶりに地団駄を踏んでみても。

気持ちを身体や声に出してみて、
どんな感じがしましたか?

私はこんな風に使っています!

いつでもボディワークを受けられたら良いのですが、
なかなかそういう風にはいかないのが現実。

そんなとき助けになるのが
波動共鳴ペンダント「アディオイフ」。

ペンダントとして身に着けて使うのもよし、
身体のつらい部分に置いたりして使えます。

私は頭の付け根や肩甲骨と肩甲骨の間、背
骨と仙骨の間接部分など、
滞りやすい傾向のある部分に、ポンっと置いてます。

https://www.binchoutan.com/adioif.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。