「心身の設計図」を手に入れる

ポラリティセラピーを知っている人は
日本にどれくらいいるのでしょうか?

セッションを受けたことがある人は
日本にどれくらいいるのでしょうか?

もし5万人くらい知っているとして、
その10分の1の人が体験したことがあるとすると、
それは5千人くらいです。

そして、ポラリティセラピーの資格を持っている人は、
20人ちょっと。

これを人気がないと見るか、
まだ知らない人が多いなら「チャンス」とみるか、
あなたはどちらですか?

私は後者でした。
ニュアンスとしては、チャンスというより、
人が知らないことを知っているという面白さ、
まるで秘密基地を見つけたようなワクワク感がありました。

自分の「心身の設計図」を手に入れる

私はこのワクワク感に従った結果、人生が大きく変わりました。
自分の「心身の設計図」を手に入れることになるからです。

「心身の設計図」を手に入れることで、
体調を崩す前のほんの少しの違和感から、
それが何の影響から来ているのかわかるようになり、
対処することができるようになりました。

つまり、自分が進みたい道と違う道を選んでしまったとしても、
それに気づくことができ、すぐに引き返すことができるようになりました。
自分の将来に悩むことも、目の前の判断に躊躇することもないわけです。

さらに、心が身体にどのように影響しているのか、
関係性をシンプルに理解することができるようになり、
人とのコミュニケーションがとても楽になりました。

私にとってこれはお金に代えられない価値のあることです。
これまで背負ってきた大きな荷物を下ろすような感覚です。
これで自由に動き回れる、自由に飛びまわれるという気持ちになれます。
道しるべは自分自身になりますから。

ワークショップでお伝えしているのは……

お手当勉強会、ポラリティセラピー勉強会、スキルアップ講習といった
ワークショップを京都と三木で開催しています。
これらのワークショップでお伝えしているのは、
表面的にはテクニックのように見えますが、
実際には「心身の設計図」を手に入れてもらうための練習をしているのです。

それぞれのワークショップの内容の問い合わせが多いのですが、
「心身の設計図」を手に入れるための
お手当勉強会は初級、ポラリティセラピー勉強会は中級、
スキルアップ講習は上級と簡単に理解してもらえると良いかもしれません。

「人を癒す技が身につく」というのは、本当は「心身の設計図」を
手に入れるための手段であり、目的ではないのです。

私にできるかな?難しいかな?と思われるかもしれませんが、
誰でも簡単にできるようになります。教え方がポイントです。
知識を一切使いません。知識の違いによる人との差はありません。
むしろ知識は邪魔になり成長を妨げます。
遊ぶ感覚を通して楽しく身につけていきます。

ポラリティセラピー勉強会でお伝えしているのは、
ポラリティセラピーのテクニックです。
ワークショップの最初に必ずお伝えしていますが、
私はポラリティセラピーを教える資格を持っていません。
市販されているポラリティセラピーの良書を使って、
それに沿ってお伝えしています。

資格がないと教えられないのは、ビジネスの問題、
ポラリティセラピーの質を保つ、守るということなど
理由があると思います。
私もそれはもっともだと思います。

しかし、ポラリティセラピーほど完成度の高いものは、
もはや人類の宝となっても良いと思うのです。
みんなが利用できることで、みんなで良くなる。
もう世の中を本筋に戻すにはこれしかないように思います。
おかしいことをおかしいというには、
おかしいということに気付かなくてはいけません。

そのためには、まず自身の「心身の設計図」を手に入れるのです。
「心身の設計図」を手に入れて、自分の道を切り開きましょう。

そして、もし何かに悩んでいるとしたら、それはチャンスです。
「心身の設計図」を手に入れ、自身で悩みをクリアできるようになれば、
その経験はきっと誰かのチカラになるはずです。

一緒に一歩を踏み出してみませんか?

次回の三木でのポラリティセラピー勉強会はこちら

次回の三木でのスキルアップ講習を受けたい方はこの方に連絡してください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。