心地よいって何?

「心地よく生きる」と言われたって、
よくわからないですよね。
だって、
調子が悪いところは気にはなるけど、
仕事や生活が忙しくて、それに対応する余裕がない。
ときどき、我慢ができなくなったら、
ケアに行くけど、3日もしたら元通り。
これを一生繰り返すのは嫌だけど、
仕事が忙しいしそれどころじゃない。
本当に悪くなったら、病院にいけばいいや。
と数年前まで思ってましたもん、私(笑)
物心がつくころから、
「不景気、不景気」と言われ続ける世界で育ってきて、
対極にある「好景気」を知らないのに、
「不景気」だと言われても
あまりしっくりこないですよね。
それと同じように、
「調子が悪い」を積み重ねてくると、
「調子が良い」ときってどんな感じなのか、
想像もできないし、そこにフォーカスすることも
なくなってくるんですよね。
「調子が悪い」が続くと、それが「普通」になって、
さらに「調子が悪い」がでてくると、
「普通」が「調子が良い」に変わってきたりするし、
どんどん調子が悪くなっているのに、それが「普通」みたいな、
何だか恐ろしい状況に追い込まれてくるわけですね。
何事にも言えますが、
そういった古いパターンから抜け出すには、
まったく新しい「アイディア(視点)」が必要になってきます。
そのアイディアがこのワークショップで見つかるかも。
【身体の可能性に気づき、心地よく生きるためのワークショップ】
ボディワーカー部員の公認ロルファーの黒田次郎と米国ポラリティセラピー協会認定プラクティショナーの寺嶋康浩がワークショップ。
◎日時:2014年8月30日(土)13:00〜17:00
◎料金:2,000円(当部員は1500円)
◎定員:20名
◎場所:『さいりん館』京都市中京区冷泉町65(室町通二条上る東側)
◎アクセス:京都市営地下鉄 烏丸線「烏丸御池」駅 2番出口徒歩5分
                烏丸線「丸太町」駅 6番出口徒歩4分
「あ〜、そういう視点があるのか」とちょっと垣間見るだけでも、
人生変わっちゃいます。体験者が言うんだから間違いない!
思いももよらなかった身体の可能性に気づいて、
一緒に楽しみましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。