体感して学んだことが、「真実」なのかもしれない。

本などで知識として得た情報は、情報でしかない。
その情報を持っているからといって、
真実を体感しているわけではない。

例えば、米の作り方を知っていても、
実際に作ったことがなければ、
その人にとって、米の作り方は単なる情報であり、
現実化した真実ではないように感じます。
作り方を知っているのと、実際に作ったことがあるは大きく違う。

それにも関わらず、
情報を真実のように取り違えて、
わかったつもりで行動に移さないことが多かったりします。

野生動物や赤ちゃんが教科書で歩き方を学習しません。
いろいろチャレンジして、何度も転けながら、
体感してそこから学び、走り方を覚えていきます。

体感して、そこから学ぶ。
それがその人にとって真実なのかもしれない。

自信がないとか、不安とか、なかなか動けないのは、
そのための真実が足りないだけなのかもしれない。

真実を増やしたい方は、まず情報絶ちをやってみて。
そして、動きたい気持ちがでてきたら、
興味のある人に会いにいったり、何かを体験してみたり、
自然のなかで過ごす時間を増やしてみて。

考えることも必要かもしれないけど、
考える前に気持ちで行動するチャレンジは、
あなたの世界を変えるかもしれない。

ひとつ行動すれば、あなたの中にひとつの体験が生まれます。
あなたにとっての真実が必ずひとつ増えていくから。
その積み重ねがあなたを強くしなやかにしていくように思います。

私にもまだまだ体験が必要。
そこから学びどんどん成長していきたいと思います。
みなさん、一緒にチャレンジしましょ^ ^

補足として、
もうひとつ大切なことは、
体感は人それぞれ違うということ。
素晴らしい日の出を誰かと一緒に見てもお互い感じ方は違います。
「美しい」と言葉で共感したとしても、
それぞれの中にある「美しい」を体感しています。
ということは、真実は一つではなく多様性があるということ。
人が体感から得た真実の話を聞くのはいいけれど、
自分の真実と比べてジャッジはできない。
自分の真実は、真実でいい。
誰かの真実は、誰かの真実であって、自分の真実ではない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。