私の強み

「寺嶋さんはお父様にとても尊いことをされましたね」

以前、セッションにきてくれた方がそう話してくれた。

セッションに来てくれる方の中には、
セラピーをされている方や自称ヒーラーの方など、
超感覚が開いている方もいらっしゃるので、
たまにそういう話が聞けたりする。

その時、それを聞いて父が亡くなる2日前まで、病室でセッションをしていたことだと思っていた。<当時のお話はこちら>

でも、最近はそれだけではない気がしている。

私は父が亡くなる2日前にセッションすることを辞めた。

セッションしてカラダに触れていると
いろんなことが解ってくる。
カラダから魂が抜けたり、入ったり、
あっちの世界のこと、黒という色の本当の意味etc

その中で気づいたことは、
私が父を「この世に引き止めている」ということ。
本当は病室でセッションを始めた10日前に亡くなっていたのかもしれない。
喜んでくれてはいたが、この世とあの世を行き来する魂は
とても苦しそうだった。

私はそれを感じ取ったとき、
父が「死ぬことを尊重しよう」と思った。

そして、寝ている父にお別れの挨拶と感謝を伝え病室を去った。
すぐに亡くなることはわかっていた。

「死を尊重する」ことは「生を尊重する」ことに
繋がるのではないかと考えるようになってきている。

相手のスペースを尊重することは、「死」を尊重することも含まれる。

これを体験的に学ばせてくれた父に感謝したい。

これは相手のスペースを尊重することを大切にする
ポラリティセラピープラクティショナーとしての私の強みだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。