ポラリティの面白いところ

ポラリティのセッションは、人生のプロセスの中の
何かの「きっかけ」になることがあります。

私自身もそうでしたし、私のクライアントの中にも
変化の「きっかけ」になった方が多くいらっしゃいます。

どうしてこういうことが起こるのか。

他の療法とポラリティの違いとして大きいのは、
プラクティショナー(施術者)が
「何もしない」ということじゃないでしょうか。
(プラクティショナーの中には他の療法と
統合したセッションをする方もいます。
私はポラリティのみです)

他の療法では治そうと意図を入れますが、
ポラリティではクライアントの心と身体、
そして、魂をただ尊重し、自然治癒力が
うまく働くようにスペースをホールド(保持)するだけです。

プラクティショナーが治そうとしなくても、
スペースさえあれば、自然治癒力が治ろうとしていきます。
充分に自然治癒力が働けるようホールドさえできれば、
特別に何かをする必要はないのです。

ポラリティのセッションの間は、
プラクティショナーはまるで透明人間のようです。
その時間はクライアントが自分で自分に向き合うためのものになります。
その中での気づきが、普段の生活の中でバラバラになった
心と身体、そして、魂を再統合に向かわせ、
変わる「きっかけ」になるのだろうと思います。
これが先生と患者の関係では難しくなります。

「何もしない」ということ、
スペースをホールドするということ、
を理解するのは難しいかもしれません。
これはクライアントの自然治癒力を完全に信頼し、
とことん相手を尊重するということです。

この点で日本では他に類を見ない療法だと
言えるかもしれません。

残念ながら、ポラリティセラピーは
受けてみないとわかりません。

新しく何かを始めようと思われている方、
4月から環境が変わる方など、
このタイミングで受けていただくと
何か新しい発見があるかもしれません。

是非、この機会にいかがでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。