さよなら、モップ。

最近、小学校で「雑巾がけ」をしなくなってきていると聞きました。
代わりに「モップがけ」をするそうです。

「モップがけ」はどうしても、
膝が伸びた状態で腰を曲げた姿勢を保持するので、
5~6kgある頭を支えるために、首、肩、腰、膝に
負担がかかってしまいます。
そして、力の使い方も腕にだけに集中してしまいがち。

6〜12才の子どものころから、
こういった非効率な「身体の使い方」を
覚えてしまうのはとても残念です。
この習慣が続けば、いずれ姿勢も影響してきます。

身体に負担をかけた状態が当たり前になれば、
それに気づくことが難しくなってきます。

「雑巾がけ」は最近、私もやっているのですが、
これはなかなかいいですよ。

雑巾がけのような四つん這いの姿勢は、
背骨が重力の縦向きの力から開放されます。

背骨は起きている間、常に重力による下向きの力を
受けているので、縦に縮んでしまいがちです。
背骨が開放されることで、
より自由に動くためのスペースができます。

そして、もうひとつ。
腕だけではない、あらゆる筋肉を連動させた
動きをすることができます。
とっても自然なアニマル的な動きです。

癖になった非効率な身体の使い方も、
こういったアニマル的な動きを
一日一回生活のなかに取り入れていくうちに、
戻っていくんじゃないでしょうか?
実際に毎日雑巾がけをしていて、
身体をリセットできるような、
そんな気がします。

やはり四足歩行の方が
健康に過ごせるのかもしれませんね(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。