先生と呼ばないで♪

こんにちは!パソコン断ち生活でブログの更新が滞っています(笑)

私のことを「先生」と呼んでくださるクライアントがいらっしゃいます。

最初は呼び方がわからないので、そう呼んでくださっているのだと思います。

でも、千里山ポラリティでは、
私を先生と呼ばないでくださいとお伝えしています。

先生は患者をうみます。
患者がいないと先生は成り立ちません。
先生と呼ばれてしまうと、
どうしても「治す人」と「治してもらう人」の
関係ができてしまいます。

千里山ポラリティのWebサイトの
トップページにも書いていますが、
ここでは「治療」をしていません。
私は「治癒」するためのサポートをしています。

クライアント自身が、
誰かに「治してもらう」という意識を
持っている限り、「治癒」は起こりにくくなって
しまいます。

自身の症状に責任を持って、
症状が身体からの自分へのメッセージだと
受け入れられると、「治癒」のプロセスは
自然に始まります。

そのための「きっかけづくり」と
そのサポートをしているだけなのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。