コトバとカラダ

手と手を胸の前で合わせて、
「おはよう!」と言ってみてください。

いかがですか?
何か違和感を感じた方いるんじゃないでしょうか?

「おはよう!」や「こんにちは!」などのコトバは、
胸(ココロ)を開くコトバです。

それに対し、手と手を胸の前で合わせることは、
胸(ココロ)を閉じる行為です。

コトバとカラダが全く逆に作用すると、
とても違和感を感じます。
また、逆にコトバとカラダが一致していると、
とても心地よく感じます。

例えば「おはようございます!」をお辞儀をしながらいうと、
違いがわかるんじゃないでしょうか?

コトバとカラダを一致させることは
とても健康的な行為だと思っています。

コトバはココロを表現します。
コトバとカラダを一致させることは、
「ココロ」と「カラダ」を一致させることに繋がります。
それは善し悪し関係なく、例えば、ため息をつくときも、
ただ「ハァ〜」というより、
カラダをくの字に折って「ハァ〜」と言った方が、
「ココロ」と「カラダ」が「ハァ〜」を満喫できるんですね。
そうすると、不思議と「ココロ」も「カラダ」も緩んできます。

何かピンっときた方は、是非、一度試してみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。