エレメントをビジネスに活かす!?

先日、「空」「風」「火」「水」「地」の5つのエレメントを
理解することはすべての事象を俯瞰する視野を得られると書きました。

これは人の性質にも当てはまると考えています。
人の性質をエレメントの観点で見ていくと、
組織の構成メンバーやプロジェクトチームの構成やどのタイプをリーダーに
置くと良いのか、また、いつも同じところで行き詰まるのは何故か、が
見えてきます。

人の性質をエレメントで見ていく場合、
1つのエレメントだけで見ていくより、
性質をみる方の突出した2つのエレメントを
見ていくと、より具体的に見えてくると考えています。

5つのエレメントのうち、「空」は存在に居場所を与えるエレメントなので、
「空」以外の4つのエレメントの組み合わせで見ていきます。

基本的なパターンは下記の6パターン。

「風」×「火」
「風」×「水」
「風」×「地」
「火」×「水」
「火」×「地」
「水」×「地」

さらに、この6パターンのうち、どちらのエレメントが突出しているかを
区別すると6パターン×2で合計12パターンになります。

時と場合によって、どちらが突出しているのか変わってくるので、
ここでは6パターンで説明していこうと思います。

ということで、
身近な例で説明すると、

千里山ポラリティは、私と藤原さんの二人でやっています。
私は二人のエレメントの組み合わせが絶妙だと思っています。

私のエレメントのパターンは「火」×「地」で、
彼女のエレメントのパターンは「風」×「水」です。

簡単に2つのパターンを説明すると、

「火」×「地」のタイプは
決断が早く、行動力があり、ひとつのことに集中しやすく、
自立心が強く、スケジューリングや物事の組み立てや調整が得意です。
一度決断をすると、先々のことまで計算してノンストップで
物事の組み立てをするので、人の意見を聞くことができない。
人と繋がるのも苦手で、脅威の集中力で自分である程度できてしまうで、
人に助けを求めることも苦手。

「風」×「水」のタイプは
アイディアが豊富で楽しいことが大好きで、
人と繋がることも、人と人を繋げることも得意。基本的にオープンマインド。
人の意見に左右され、なかなか決断できず、
いくつも同時に物事を進めて形にするのに時間がかかる。
物事の組み立てや調整が苦手。
できればそういうことは誰かにやって貰えないかと考えている。

実際に、私はポラリティセラピーだけを仕事にしていますが、
彼女は編集ライターや他の数々の仕事との兼業だったりします。

こういうパターンの組み合わせの場合、
お互いを「尊重」できると、うまくまわります。
千里山ポラリティを一つのチームとしてとらえると
「空」「風」「火」「水」「地」すべてのエレメントが
存在する絶妙なチームということになります。
逆に尊重できないと、相手を受け入れられずチームは崩壊するでしょう。

組織やプロジェクトチームなど、会議や打ち合わせで
いつも話がまとまらずに終わってしまうなんてこともあります。
こういった場合、もしかすると「風」タイプの方が参加者に多かったり、
リーダーが「風」タイプなのかもしれません。

アイディアを出すのは「風」を含む3タイプに任せて、
決済や計画、実行は「火」や「地」を含むタイプに任せてみたり、
プロジェクトがプランニング重視か、マネージメント重視かで、
リーダーをどのタイプにするか、チームにどのエレメントが足りないかを
見ていくのも面白いかもしれませんね。

単にエレメントだけで評価するのも危険ですが、
こういった観点で見ていくと、個人的にはワクワクします。
ポラリティセラピーのセッションを受けられた方に
聞かれたときにだけ、「あなたは○○タイプかもしれません」とお伝えしています。興味のある方はセッション後に聞いてください(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。