ホリスティックとは?

「ホリスティック」について、簡単な例をもとにご紹介します。

 仕事や家庭、その他あらゆる場面で
責任をいくつも背負ってしまっている人は、
慢性的な腰痛をかかえがちです。①

そして、腰痛をかばう身体の使い方をしていると、
次第に背中はガチガチになってきます。
責任感の強い人ほど、周りに頼られ甘えられ、
ついつい頑張ってしまい、背中をガチガチにして
いる方が多いように思います。②

そういう人に限って、責任感が強いあまり、
身体が辛いということを周りに表現しませんし、
次々、人が頼ってきたり、甘えてくるので、
表現するスペースもありません。③

終いには責任を果たせなくなってくるので、
身体が辛いという回線を切って
辛さを感じなくしてしまいます。④

背中の筋肉がうまく機能しなくなると、
呼吸が浅くなり、横隔膜も硬くなって、
お腹に力が入らなくなります。⑤

だんだん気力もなくなってきます。
続けばそれが習慣になり、慢性化します。
気づいたときには、どこから手をつけたらいいのか
わからなくなります。⑥

そして、病院に行けば「精神的な疾患」だと言われ、
薬を処方され、薬を飲んでも思ったような回復を
得られません。期待は裏切られます。⑦

「これはなぜでしょう?」

これは一例ですが、往々にして起こっています。
一般的に病院で診てもらえるのは⑦の『部分』です。
即効性が必要な症状には、病院での処置はとても有効ですが、
例のような場合には難しさがあります。

それに対して、
「ココロ」と「カラダ」を同時に扱うポラリティセラピーなどの
ホリスティック(全体的)療法は、①まで遡ります。
悩まれている方のペースでゆっくりと「ココロ」と「カラダ」を
緩めていきます。

これが「ホリスティック」です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。