非介入

ポラリティセラピーの施術者は『非介入』というスタンスをとります。
私はこのスタンスがとても気に入っています。
じゃあ、セッションでは何もしないのか?と思われるかもしれませんが、
介入しないことと、何もしないことは違います。

医者は患者を治そうとします。
気功家はクライアントに気を送ろうとします。
それが悪いことだとは言いませんが、
あまり思わしくない場合もあると思います。
(その際は介入していることになると思います)

そもそも人には自然治癒力という、自身を治癒する力が備わっています。
自然治癒力は人知を越えた力だと思うのです。
その想定できないスペシャルな治癒力は、
薬で治そうとする、あるいは他人から気を送られる、
という外力をいつも必要としているのか?
そこが疑問なんです。

そういった外力によって強制的に緩められるより、
内力(自然治癒力)から自身のペースで緩んで行くことが
必要なときはある思うのです。

『非介入』はクライアントや置かれている状況、
そして、自然治癒力を尊重し、
そのスペシャルな治癒力が十分に働けるように
お手伝いをするスタンスです。

(そのときのポイントは
クライアントの自然治癒力を信頼することです。
そうすると必要なヒーリングは起こります)

施術者vsクライアントではなく、
クライアントと同じ側で寄り添って行く感じがとても好きですね。

これはポラリティだけでなく、
オフィスでの上司と部下の関係や家庭での親子関係でも
必要なスタンスかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。