生体磁場が歪む!?(個人的推測です)

「生体磁場って何だ!?」のつづきです。

何度もいいますが、ここでお伝えするのはポラリティセラピーの側面の一部を私なりに解釈したものです。ポラリティセラピーはとても多面的で奥深く言葉で一概に表現することはできないと考えています。ここでの話がポラリティセラピーの全てではありません。
私の体験からできるだけ物理的視野で説明しようと試みています。
ポラリティセラピーではこういった表現を一切していません。ですので、私以外のポラリティセラピーの実践者にこの話をしていただいても答えていただけるかわかりません(笑)
———————————————————————————————————

生体磁場が存在する話は前回した通りです。
・電気信号が流れる(と磁場も発生)→筋肉が動く
・何かしらの理由で電気信号が変化(=磁場も変化)→症状が現れる
(上記は生体磁場のみの視点で話しています)

磁場が変化すると電気信号の流れ方も変わるのかもしれません。それで筋肉に緊張が起こることもあるでしょう。
ではこの磁場はどのようなときに変化するのでしょうか?
内的な思考のパターンや感情の問題は前回少しお話しました。
外的な要因はどうでしょう?
大きな視野でみると、地球の磁場の影響を受けています。これは生まれたときから受けているものなのであまり局所的な変化はないかと想像されます。

ちなみにISSなど宇宙で生活するためには磁場を発生させる装置を持って行くそうです。地球の磁場が人間には必要だそうです。

他の外的要因としては、身近なもので電化製品が考えられます。電流が流れていますので磁場は発生していますよね。なかでも携帯電話や電子レンジはとても強い電磁波&磁場を発生させています。長時間携帯電話で話していると、耳の後ろが熱くなったり、後頭部が痛くなったりする症状があるようです。先日も携帯電話の使用で脳腫瘍のリスクが高くなるとWHOが発表していたのがニュースになっていました。生体磁場が電磁波による影響を受け許容値を越えると電磁波過敏となり、頭がぼーっとしたり、熱っぽくなったり、身体が怠くなったりします。実際に私がそうです。その解消法については別の機会にお伝えしますね。
(→電磁波過敏について

前回の話で生体磁場のイメージをこんな風だとお伝えしました。
この写真でいうと、N極が頭でS極が足だと想像してください。(写真は二次元ですが、実際は磁石の手前にも奥にも磁場があり三次元的に存在します。)
 砂鉄が広がりのある曲線を描いていますね。

強烈な磁場の影響を受けると生体磁場がどうなるのか、たぶんこのイメージが近いかもしれません。

 この写真は2つとも同程度の磁場の強さの磁石がお互いが引き合うように置かれています。先程に比べると、ひとつの磁石の磁場の広がり方に変化がありますね。
電化製品vs人でみる場合、電化製品の方が遥かに大きな磁場を持っています。さらに交流電流のようにN極とS極を瞬時に変換しながら、そしてあらゆる方向から存在しています。
磁場は目視できませんので個人的な推測ですが、以上のことを考えると、例えば電化製品を左、人を右とすると、生体磁場は瞬間的にとてつもなくひっぱられたり、とてつもなく反発されたりするでしょうね。

このように生活のなかのあらゆるところで磁場の影響を受けています。もちろん電化製品だけではなく、人同士でも影響をし合っています。物理的側面のみで話してきましたが、ほとんどの場合、この磁場に感情的要素や想念、トラウマなどものっかっていると私は考えています。「空気を読む」という言葉があるように、私たちは知らず知らず感じながら人との付き合いをしているのかもしれませんね。

セッション中によくやるのですが、私がクライアントの身体の一部を触ってしばらくすると、クライアントが身体の変化を感じることが良くあります。これも磁場が影響し合っているからかもしれませんね。面白いですよ。

ポラリティセラピーのセッションでは、クライアントもボディワーカーも同じ人ですので、微弱な磁場同士で引き合ったり干渉し合ったりすることで、クライアントの磁場を整えバランスするのだと思います(これも超個人的見解)。そして、ポラリティセラピーの実践者は生体磁場がどのように発生するのか、どのようにバランスすればいいのかを知っています。
科学的にはまだ解明されていませんが、古来からの人類の知恵から学び実践し、自ら体験して知っています。次回、その具体的な手法を少しだけお話できればと思います。

まぁ、どんなに言葉を紡いでも、
百聞は1セッションに如かずですよ (笑)

———————————————————————————————————
上記、家電製品を批判している訳ではありません。今や生活に欠かせないものであるのは事実です。たとえ1商品単体での電磁波量が人体に影響がなくても、増えすぎた電気製品に24時間さらされることにより、電磁波過敏で苦しんでいる方も増えてきているようです。放射能に通じる何か目に見えない問題がここにも潜んでいるような気がします。測定・確認できないものは「存在しない」ことになってしまいますから。。。

生体磁場が歪む!?(個人的推測です)” への2件のフィードバック

追加

  1. ベニシアさんが携帯電話を持っておられない理由は
    『携帯電話の電磁波がミツバチの体内のナビゲーション・システムに影響しているのでは』との
    ドイツの研究結果に基づくものだと知りました。

    http://www.venetia-international.com/m51_blog.php?p=11111&year=2010&month=7&day=0

    ミツバチが減るということは植物に影響し
    生態系全体を狂わせてしまいますよね。

    いいね

  2. 世界中に電波が飛び交ってますからね。生態系全体を狂わせているかもしれませんね。日本のニュースではこういった情報はほどんど表に出ることがないので、できるだけ海外のニュースを取り入れるようにしています。日本語に翻訳して配信してくれるアプリもあって便利です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。