ボディワークの新・常識

「全体は部分の総和に勝る」

時計の部品をただ集めたのみでは
時計としては働かない。

全体には部分の総和以上の構造が
存在しているということを、
ギリシアの思想家アリストテレスは
こう表現しました。

これは時計だけでなく、人も同じ。
人を構成するすべての要素を集めたとしても、
人を作り出すことはできません。

そこには構成する要素以上の偉大な
チカラが働いています。

最近になってようやく、
心と身体は繋がっていると言われるようになりましたが、
心と身体は別々にあって繋がっていると
解釈しているのは、人だけです。

そもそも心も身体もありません。
あるのは生きている命。
ただ、それだけです。

心を扱う手法や身体を扱う手法は数あれど、
命というものを捉えてワークする手法は、
ほとんどありません。

命という全体を心や身体という部分に分けた手法が、
世の中には溢れています。

それが悪いとかジャッジするつもりはありませんが、
アリストテレスが言うように、
「全体は部分の総和に勝る」のです。

これはもはや自然の法則です。

人が考え出した手法には、
どうしても意図が入り自然の法則から
離れてしまいます。

しかし、自然の法則に則った命という捉えにくい
全体を捉えるボディワークがあります。

それがUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)です。

Unfolding Bodyworkは、
心や身体という部分に触れるのではなく、
全体としての命に触れていくボディワークです。

身体に触れることで、
身体から思考のクセや感情のパターンが解放され、
命が展開(Unfolding)されていくのをサポートしていきます。

症状という部分にフォーカスして、
治そうとするのではなく、
命の在り方を捉えサポートすることで、
自然と在り方が変わり、症状が治癒していきます。

通常のボディワークや整体、セラピーの概念では、
治そうとしますが、逆に治そうとしないことで、
根本的な治癒が起こるのです。

逆説的な概念ですが、命の本質を捉えた
ボディワークの新・常識です。

「全体は部分の総和に勝る」

全体には部分の寄せ集め以上の
偉大なチカラが働いています。

私たちの命は部分の寄せ集めではありません。
私たちの理解が及ばないチカラが働いています。

その偉大なチカラが展開していくのをサポートするのが、
Unfolding Bodyworkです。

Unfolding Bodyworkの個人セッションは
随時受け付けしています。
興味のある方はお申し込みページをご覧ください。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。